忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
    おはようございます、こんにちは、こんばんは。テノール1年の伊地知です。ついに合宿も2日目が終わり、刻一刻と日にちが過ぎていきます。
    さて、本日行った行程を挙げていきます。まず午前練習では、我ら日大合唱団の誇れるピアニスト、山内先生がいらっしゃって、定期演奏会で演奏する4th stage の楽曲である『キンキラキン』を行いました。この曲は、符点八分音符と十六分音符で動くのが多く、さらにアクセントやスタッカートを所々に用いられている為、各パートで苦戦されていました。まだまだ成長出来る証拠ですね。
    続いて午後練習では、引き続き山内先生の指導で『稗搗き節』をやりました。こちらは上記の『キンキラキン』とは異なり、ゆったりとしたテンポで流れる曲調となっておりますが、それでも先程の符点八分音符と十六分音符のリズムや十六分三連符で流す部分があり、そのようなところを一人一人が意識してやっていかないと崩れてしまいます。
    そして、夜練習では学生のみで2nd stage で演奏する『サッカーによせて』を行いました。この曲は7/1の遊声定期演奏会で日大合唱団が演奏した曲集の1つで、アップテンポで流れる曲調となっております。また、多くの中学生や高校生が歌ったことのある大変有名な曲目ではないでしょうか。この曲も他の『地平線の彼方へ』に載っている曲目と同様に臨時記号による曲風の変化が数多く見られます。やっぱり、木下牧子先生の曲はどれも素晴らしいものばかりですね。
    そして、本日練習した曲全てに言えることは、スラーの大切さと全パートで鳴る和音です。スラーというのは、曲の流れを綺麗に聴かせる為に付けられたものです。これを上手に表現しないと、音と音の間隔が切れてしまい、とてもいいようには聴こえません。続いて和音は、各パートが出した音を重ね合わせて作り出されるものです。これを1つのパートが音を外してしまうと汚く聴こえてしまい、これもまたいい演奏にはなりません。11月の定期演奏会までまだ時間がありますが、今のうちにこういうところを懸命に練習することで本番に素晴らしい演奏会になると私は思います。ですから、この合宿中にそのようなところを取り組んで、その後の練習にも活かしていけるように頑張っていきます。それでは、次の日記をお楽しみに。
PR
本日から合宿初日、初練習であります。
 ちなみに初日の天気は曇りのち雨、でも気持ちは晴れやかに頑張っていきましょう。
 初合宿参加のアルト1年の森本がお送りします。
 
さて、昼の練習では体発を中心にやりました。
 体操では普段以上に静かな動きを長くやりました。きっと効果バツグンでしょう。
  特に、四つん這いになって動くことは普段のストレッチにも生活にもない動きでしたので苦労しました。
 発声ではみぞおちなど様々なところを意識しながらやりました。私は全くできていなかったので、これから意識しながら発声していきます。
   特に、先生が実演しながらやってくださったことで理解が深まりました。
  夜の練習では、英語と米語の比較しながらの発音練習をしました。鈴木先生が歴史を交えながらの講義は興味深く、楽しかったです。
Iとi,Uとuは似ているようで発音が違います。なので、しっかり区別し発音できるようにしたいです。きっと曲に深みが出せるようになるでしょう。
  さて、鈴木先生の練習の中身はこのように濃いですね。普段の練習からこのようなことができるように毎日少しずつの個人の努力と団結が大切ですね。
  蒸し風呂のように湿って暑い東京から、涼しいプールのような北軽井沢… 
  きっと良い環境で練習効率も上がるはずです。ただし、無理は禁物。身体を第一に練習に励んでいきましょう。初心忘るべからず、ですよ。
 それでは、ごきげんよう。
さようなら、さようなら、さようなら。
初めて団日記を担当しますベース1年の宮﨑です。よろしくお願いします。

今回の練習はAmazing Grace、Londonderry Airなどの外国語曲をやりました。

Amazing Graceは半音の部分で人それぞれ高低差があり、不揃いになりがちでした。この曲は音をハミングで伸ばす部分が多いので、正確な音を覚えなおして綺麗に響かせたいです。

またLondonderry Airは言葉が一音一音詰まっていて、アクセントなど発音する上で難しく感じています。もともと英語の発音が得意ではないので練習して慣れるようにしていきたいです。

3ステージの外国語曲は揃うとハーモニーが綺麗で楽しい曲です。みんな“traditional”なので現代英語では見ない単語もありますが、この機会に少し自分の英語の世界を広げられたらと思います。

明日から夏合宿が始まります。練習も頑張りつつ、天気がよくなって花火ができるよう祈ります。


どーもはじめまして
夏バテで1日2食がキツくなってきた1年平田です
よろしくお願いします

今回は「キンキラキン」「Scarborough fairp」など4曲を練習しました。

「キンキラキン」は非常にテンポが速く爽快な曲なので歌ってて楽しいです。しかしテンポが速いぶん言葉もはっきりと発音しないと聞き取れないので、ハキハキと歌っていきたいです。

「Scarborough fair」はとりあえずキレイな曲だなぁという印象ですが、やっぱりイギリス英語の発音めちゃんこ難しいですね。慣れていきたいです。

やはり色々なジャンルの曲を歌うのはホントに楽しいです。聴いている人も楽しくなるような曲を作れるよう練習していきたいと思います。
テノール1年の野呂がが今回の団日記を担当させてもらいます
昨日の練習では体操の時間に姿勢のチェックと音の使い分け指導を受けたのが印象に残りました
特に、普段行っているリップトリルとは違うタングトリルは、この日の練習中に何度か行ったので記憶に残っています。

体操の時間が終わったらこの日は歌詞資料を用いた発音練習をしました。
Londonderry Air(ロンドンデリーの調べ)を練習したのですが
rの発音、fromのo、mountainのtain、meaの発音、andや単語を連続して発音するところなど
たくさんの普段の英語との違いに気づけました。
アメリカ訛りの英語と、英国の本筋の英語それぞれの違いを意識しつ今後も練習していきたいです

発音練習が終わったらパート練習です。
Scarborough Fair、Amazing Graceの練習をしました。
Scarboroughの方は先週の復習から初め、1,2番が終わったところでAmazing Graceの練習へ
こちらはrの発音、楽譜のページが戻るところ、begunの発音について練習しました。
楽譜のページが戻るところは音がなかなか当たらないのでここはしっかり意識していきたいです
begunの発音も普段の英語の癖でビギャンと発音してしまうので、ビガンと発音できるようにしたいです。

次に合わせ練習です
どちらも発音について指摘がありましたが、Scarboroughの方が音程が違うようで、
音程を意識するよう指導を受けました。また、英単語の切り方についても意識するよう指導をいただきました。

このようにたくさんのご指摘をいただいた今回の練習ですが
合宿までの残り時間も少ないので一層頑張っていきたいところです


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 5
7 8 9 11
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター