忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
日本海にて碧晏神の満洲に之くを送る
 友人西のかた日本海を辞し 降雪師走朝鮮に下る
 弧帆の遠影碧空に尽き   唯だ見る戦空に平和の祈りを
(原作:李白『黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る』)
 
皆さんこんばんは。雨が夜更け過ぎに雪に変わる時間帯に書いています。
ベース一年 3拓郎Sです。

 いよいよ霜月も終わりですね。動植物の活動が停滞するのとは対照的に、カップルの活動が活発になるシーズンになりました、括弧笑。

 さて、本題に入りますが、「ジプシーの歌」は全曲通しました。伴奏があるのと無いのとでは随分曲の雰囲気が違うものと改めて実感しました。曲自体はやはり音程がまだ不安定な所が多くあるように思います。残り一週間ですので、「明日があるさ」とは思わず、日々歌詞と正確な音程のインプットに努めましょう。
 また、「泉の歌」は拍子に慣れておらず、曲にぎこちなさを感じました。4ステ最後の曲なので、本番はへとへとかと思いますが、しっかり呼吸を整えて今までに言われたことを考えながら歌えば、さほど演奏が崩れることはないかと思います。
 余談ですが、我が家の階段の踊り場に大きな窓があるのですが、青い空と赤い幼稚園の屋根が見え、いつも見とれて「故郷」というものを感じます。(実際にそれを元に作詞した歌があります)
以上天地がひっくり返るほど下らない話でした。
 最後になりますが、あと一週間一人一人頑張れば三田さんが定期演奏会大成功というプレゼントを運んできてくれます。皆さん、頑張りましょう。栄詠桜。
PR
みなさんこんばんは!
ベース4年の白石です(3ヶ月ぶり2回目)。


ナニがドーなってコーなったのか分かりませんが、Web管理直々のご指名がありまして、4年で団日記を書くのは2回目です。

さて、今回は11/28の渡部先生練についてです。

今日練習したのは、
定期演奏会第1ステージ「九ちゃんが歌ったうた」より

1.明日があるさ
2.上を向いて歩こう
3.見上げてごらん夜の星を
4.心の瞳
の4曲です。
(実はアンコールの曲も…)

この曲集は、アレンジの曲なだけにユニゾンが多めです。
ユニゾンだと、みんな同じ音だから音取りやすいし楽勝じゃね?と思っていた時期が私にもありました。


実際には、私みたいなベースが主旋を歌おうとすると、音が高くてキツい…のです。
そしてそれを全パートで合わせる訳ですからなんとも難しいものです。
原曲の雰囲気を保ちつつも、合唱としての魅力も出していくのが今回の私たちの務めだと思っています。

そして、私は今回「上を向いて歩こう」のソリストを務めさせていただくことになりまして、この難題に立ち向かうことになりました。
今回は、ソリということで、2人で主旋律を歌う訳ですが、人数が少ないだけに少しでもズレるとお客さんにバレて?しまいます。
少しでもズレをなくしたいものですが…

うまいこと杉並公会堂の音響で誤魔化せれば…?と思ってますが、最後の定演で最後のソリですから、精一杯頑張ります。

他の曲では、語頭の子音や音の切り際など、細かいところを詰めていきました。
前回の練習で指摘された、「息の量」については少し改善したかな?という感じで、あまり突かれなかったですね。

とにかく、お客さんに少しでも心地よい音楽を届けられればと思っております。


今回は最後の1ステ合わせでした。
次に全員で歌うのは、本番のリハだけとなってしまいました。
やっぱり学指揮陣が再三言っている「復習」は大事ですね(合唱に限らず)

次の練習からは、再び先生が振るステージの練習です!
復習復習で、集中して取り組んでいきましょう。

練習後には、慶應義塾大学混声合唱団学友会さんが情宣に来てくださいました!
ティンパニと2台ピアノの曲や、リコーダーを使った曲もあるみたいで、面白い演奏会になりそうです。
12/19(水)19:00〜@杉並公会堂
だそうです。
ご盛会をお祈りします。

また、夏合宿でいつもお世話になってる石田観光農園さんから、今年もリンゴがたくさん送られてきました!ありがとうございます
リンゴは喉に良い?そうなので、たくさん食べて最高のコンディションで定演に臨みたいと思います!!!

前回(8月)で最後だと思っていた団日記も、今度こそ最後です。
それではみなさん、12/8(土)の夜、杉並公会堂でお会いしましょう。


ベース4年 白石 
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
実に1年2ヶ月ぶりのブログ担当、ソプラノ4年目のふくいです。

とうとう!わたしにとって!最後の!定期演奏会です!!!!!
寂しいようななんというか…本番は泣かないように頑張りたいです(涙腺ガバガバ女)

**********************************

さて、25日はピアニストの渡部先生をお招きして、1ステと学指揮アンコールを練習いたしました。
学指揮アンコールは当日まで内緒!ですので、楽しみにお待ちくださいね。

第1ステージは「九ちゃんが歌ったうた」より、
・明日があるさ
・上を向いて歩こう
・見上げてごらん夜の星を
・心の瞳
を演奏いたします。

どれも耳なじみのある歌だと思います。
特に「明日があるさ」は、日大合唱団らしい明るさを感じていただけるのではないでしょうか。

通しリハにて、常任指揮者の鈴木先生より「8ビートを感じて歌う」ことをご指導いただき、
学指揮達にも再三注意されていますが、その意識がまだ足りないかな?と感じました。
あとは、息を吸いすぎて吐きすぎること。すぐ減衰してしまうので、最後まできちんと息を送りましょう。
歌いだしをそろえることも忘れずに。
団員の皆さんはぜひ練習音源や動画を見聞きしましょう!!!!!!!
客観的に見ると直すべきところ、もっとこうしたい、ここは上手くできた など、発見がたくさんありますよ。

本番まであと2週間を切り、もう練習回数も数えるほどしかない(!)のです。
もっと危機感をもって練習に取り組みましょう。
この期に及んで音取りから注意されるのは、時間がもったいないですから。

今年の定期演奏会は、12/8(土)@杉並公会堂大ホールです!
お手元にチケットをお持ちでない方は、お近くの団員にお声がけくださいね。
東京都合唱連盟チケットサービスからもお求めいただけます!

**********************************

ここ最近、すっかり寒くなりましたね。
寒さ対策、乾燥対策、ベストなコンディションで本番を迎えられるよう、
のどを労わりながら、団員のみなさんは頑張りましょう。
りんごもいっぱい食べましょうemoji

きっとブログ担当は最後であろう、ソプラノ4年ふくいがお送り致しました!
皆さんこんにちは。
先日20歳になりました、ソプラノ2年の小森美優香(精神年齢5ちゃい)です。

誕生日ということで、団内の方々からお祝いのLINEやプレゼントをいただきました。
今まであんまりそういうのなかったので、とても嬉しかったです。
合唱団に入って本当に良かったと改めて思いました…素敵な思い出をありがとうございます。

さて余談はこれくらいで。


本題:渡部先生練習@東十条ふれあい館

まず初めに皆さんおなじみ、体発です。
この日は(個人的に)(すごく)ハードでした。
しゃがんだ状態で足踏みをしながら発声、二人組で背中合わせで腰を落としながら発声…

いや、くそきつい


普段いかに下半身を使っていないかよくわかりました…(というか腰落とす方は股関節痛すぎてできなかった…)
ただ、やはりきつい分体を使っていたのか、いつもよりとてもよく声が出ました。
きついですけど、こういう体発を時々取り入れるのもいいかもしれませんね笑


そして渡部先生練ということで、ピアノ曲「九ちゃんが歌ったうた」とをどちらも通しで練習しました。


まずは九ちゃん。
今回の練習では初めて、F表の通り並んで歌いました。
ソプの後ろにテナーが来ていて後ろからの迫力が凄いのなんのって…
特に「明日があるさ」は後ろからの歌声を聞いてて楽しくなってきちゃって、自分のパートに入り損ねることもありました…反省です笑

少し話は逸れますが…最近あまり練習に出れておらず、実は先輩方のソロを聞くのが初めてでした。

流石は先輩方、めっちゃ上手かったです。

テナーソロの先輩はちょうど私の真後ろあたりにいるのですが、響きのある声で悠々と歌い上げるのが本当すごくて(語彙力)…鳥肌立ちました笑


さて次です。
個人的にものすごく好きなので、とてもテンションが上がりました。
頭から通してやることが少ないので、今回ピアノと一緒に通して合わせられて(個人的に)とてもよかったと思います。
前奏も含めて聞くことで曲のイメージが以前よりも明確になったというか…今回の練習でだいぶつかめた気がします。


練習内容としてはこんなところでしょうか。

通しリハまであと1週間ほど、本番まではあと約1か月と、段々と残り日数が少なくなってきました。
暗譜やイメージづくりを進めていく時期に入ってきたなぁ…と、焦り半分、楽しさ半分といったところです。
いい本番になるよう、残りの練習も頑張っていくほかありませんね笑


ということで、私からの団日記とさせていただきます。
長くなってしまいすみません。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

追記:
なんだかやらかした気がしたので修正しました。
気づかれた方、すみませんでした。
こんにちは。
初団日記、ソプラノ1年春日です。

11/2.3は、各学部で学園祭が開催されました!!!
日大は学部がたくさんあるから、ほんとは全部回りたかった(><)
私はお財布が空っぽだったので、バイトに勤しむしかなく、、
日本大学合唱団としては、文理学部で「歌が上手くなる餃子」を出店しました。
その他にも個人で活躍しているメンバーもいました。
それぞれの持ち場で輝く姿は、同じ団員としてとても誇らしいです。
同じサークルなんだよって言いたくなっちゃう 笑
一緒に歌えて嬉しいです!!

さて、今日は八幡山での練習でした。
3ステのブラームス。
ドイツ語の詩なのですが、最初に日本語訳を見たとき恥ずかしくて笑ってしまいました。
そのくらいロマンチックな歌だから、心を込めて大切に歌いたいのですが、なかなか難しくて、、
息を回し続けることと、入りの発声を遅れずに入ること、フレーズは美しく繋げて歌うこと、高声は高音で走りがちになってしまうことが主に課題であるように感じました。

気がついたらあっという間に11月になってて、12月8日の本番も目前。
4年生の先輩にとっては最後の定演。
こうやって一緒に歌えるのも、あとちょっとで、一回一回の練習を大切にしたいと思います。

パー練の最後の10分くらいに、なんと先輩に声を見てもらえました!
矯正してもらって、奇跡なのか一瞬正しい発声が自分の体から出たときは、感動しました。無重力でした。
普段私は、力を体全体に入れすぎていたみたいです。
先輩は、音をすぐに聞き分けてすごいです!
こんなに初心者の私でも、先輩方は優しく教えてくれました。
また、68期OBの先輩も応援に来て下さりました。発声練習の時にアドバイスを頂きました✨
ありがとうございます。

カッコいい先輩と、頼れる同期
どんどん、合唱団と合唱を好きになっていく自分がいて。

次団日記を書くときは、もう少し成長できていますように。
率直に書きすぎたかな、、
雨天のせい 笑

Auf das Cimbal, daβ es klingt.


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター