忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265]
どうも皆さん、ベース1年副学生指揮者の村重です。もう3月に入り春も近づいてまいりましたね(相変わらず寒いですが…)。今回は先日行われた卒団式について書いていこうと思います。

 今回初めてブログを読む方のために軽く説明をしときますと、卒団式とは我が日本大学合唱団に所属している4年生の先輩方の卒業、卒団を祝うための式典、演奏会です。

 演奏会は男声曲ステージ、女声曲ステージ、現役混声曲ステージ、卒団生(4年生)ステージ、現役卒団生合同ステージで編成されていましたが、そのうち男声曲ステージで私が指揮を振らせて頂きました。私はいままでの人生において指揮者経験がとくにあるわけではなく、不安が大きかったです。団員たちが歌いやすいよう、また聴いてくださる4年生の先輩方が楽しめるよう練習を積んで行きました。そして本番、多少の失敗はしてしまいましたが自分的には概ね成功としてもよい演奏ができたと思いました。この経験を次の定期演奏会第一ステージに生かしていきたいと思います。
 
 さて、ここまで男声曲について長々と書いてしまいましたが、もちろん他のステージもいい演奏を行っていました。現役生が歌った男声、女声、混声曲は卒団される先輩方に対して感謝の思いを込めて歌っていましたし、卒団生ステージもいままで先輩方が合唱団で培ってきた歴史を感じさせる演奏でした。合同ステージにおいてこの曲が卒団生と歌う最後の機会だと思うとなかなかに切ないものを感じました。しかし別れを経験することで人は成長します。これを機に現役生たちは次の本番である「遊声」に向けて一層気合いをいれていきましょう!

 長くなってしまいました。そろそろ終わりにしたいと思います。最初に書いた通り春が近づいて来ました。花粉症の方々にはつらい時期ですが健康に安らかに過ごしましょう。最後になりますが、4年生の皆さん、改めましてご卒団おめでとうございました。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 12 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター