忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319]
こんばんは✨

4番ピッチャー大谷
が9回被安打2の無失点、加えて自身も1安打を放ったことにもう「あわわ」ってなっちゃってるベース2年のパートマネージャーをしておりますソーマッチこと相馬です。そんな選手、パワプロでもつくるのムズいですよね。


さて、今回は10/4(水)に行いました渡部先生との合わせ練習について書きます。

今回は、11/25(土)に杉並公会堂で開催されます第69回日本大学合唱団定期演奏会の第2ステージで演奏致します混声合唱曲集「地平線のかなたへ」より「サッカーによせて」をピアノ伴奏してくださる渡部先生をお招きして練習しました。

「サッカーによせて」...そうですね、僕はこの曲は高校時代の合唱コンクールで、全ての演奏終了後の審査時間に舞台の下にうわーって学校関係なくごちゃ混ぜで集合してエール交換みたいなことをやるんですけど、そのときにその場にいる女声全員でこの曲を歌っていたのが印象に残っています。僕にとっては、女声が元気よく歌っているっていうイメージが強いですね。

はい、イメージ通りで元気よく歌うっていうのは大事なことなんですけど、やはり曲の中ではハーモニーが多数存在します。音はとれていないと話にならないですよね。

この曲は6月の「遊声」演奏会の単独ステージでは扱っていなかったので、その後に音をとりはじめて曲に触れる機会は確かに少なかったのですが、それは言い訳にはなりません。
既にこの団日記でも音とりのことに関してはたくさん書いている人がいるのであまり触れたくはないのですが、やはり、音はとれていないと何も進みません。 そういう意味では、今回のこの曲での渡部先生練習が音についての指摘がメインになってしまったのは非常にもったいなかったです。

音とりに関して一番いいのはやはり練習に来てパート練習を受けることですが、皆さんいろいろ事情はあります。練習に行けないこと、僕もあります。
ですが、今の時代は便利なものがたくさんあります。Midiや参考音源は何のためにあるのでしょうか?個人でもできるものはたくさんあります。活用しましょう!
これは練習に出られていない人だけに言えることではありません。野球選手も毎日素振りをします。たとえ1回だけでも必ずバットを振ります。中にはベッドまでバットを持っていって、バットを握ったまま眠るという選手もいます。
僕たちは野球選手ではないのでそんなことする必要はありませんが、通用することはあるんじゃないでしょうか。例えば、寝る前に楽譜をパラパラと見てみるとか、Midiや参考音源を一度通して聴いてから寝るとか、できることはあるはずです。
本当に少しでもいいんです。問題なのは、まったく触れないこと。一度触れる機会を失うとそのブランクはかなり大きいものになります。
ぜひ、少しでも隙間時間なるものを見つけて取り組んでいくようにしましょう。



本気で努力している人は確実に進歩しています!



みんなで、自分たちで、自分たちの演奏会を素晴らしいものにしようじゃありませんか!
本番まで2ヶ月を切っていますが、今からならまだ修正はいくらでも効きます。がんばっていきましょう!!!


なんか熱く語ってしまいましたが、少しでも心に動きがある団員がいたら幸いです。

以上で失礼致します。マリーンズfighting!

P.S. 山本彩2ndアルバム「identity」好評発売中。神曲揃い。みんなさや姉も聴いてね♪
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 12 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター