忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350]
日本海にて碧晏神の満洲に之くを送る
 友人西のかた日本海を辞し 降雪師走朝鮮に下る
 弧帆の遠影碧空に尽き   唯だ見る戦空に平和の祈りを
(原作:李白『黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る』)
 
皆さんこんばんは。雨が夜更け過ぎに雪に変わる時間帯に書いています。
ベース一年 3拓郎Sです。

 いよいよ霜月も終わりですね。動植物の活動が停滞するのとは対照的に、カップルの活動が活発になるシーズンになりました、括弧笑。

 さて、本題に入りますが、「ジプシーの歌」は全曲通しました。伴奏があるのと無いのとでは随分曲の雰囲気が違うものと改めて実感しました。曲自体はやはり音程がまだ不安定な所が多くあるように思います。残り一週間ですので、「明日があるさ」とは思わず、日々歌詞と正確な音程のインプットに努めましょう。
 また、「泉の歌」は拍子に慣れておらず、曲にぎこちなさを感じました。4ステ最後の曲なので、本番はへとへとかと思いますが、しっかり呼吸を整えて今までに言われたことを考えながら歌えば、さほど演奏が崩れることはないかと思います。
 余談ですが、我が家の階段の踊り場に大きな窓があるのですが、青い空と赤い幼稚園の屋根が見え、いつも見とれて「故郷」というものを感じます。(実際にそれを元に作詞した歌があります)
以上天地がひっくり返るほど下らない話でした。
 最後になりますが、あと一週間一人一人頑張れば三田さんが定期演奏会大成功というプレゼントを運んできてくれます。皆さん、頑張りましょう。栄詠桜。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター