忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320]
どうも。
責任者をやってます、田中です。
ついに団日記の順番が回ってきました…!


大阪環状線(こっちでいう山手線みたいなもんです)から、ついに103系が引退してしまいましたね…(鉄オタです)
私はこの103系、中学生の頃から大好きなのですが、ここで大好きポイントを語ると103系のBLOGになりかねないので辞めます。
ちなみに、大阪環状線がどのくらい昔の車両を大事に使っていたかというと…


大阪環状線  103→→→→→→→→→→→→→
東京山手線  103→→205→→E231→→E235

このくらいの差があります!
無論大阪と東京の車両運用方法には少々違いがありまして、
大阪は新しい車両が来ても混在、東京は新しい車両に統一!という風にしています。
大阪もこう言いつつ新しい車両が実は来ていて、次は東京方式になりそうですね。


さてやっと本題に入りまして…
みんなの日記も「遊声」の日記も見て、人と違う日記を書こう!と思ったのですが、
みんな「ここの音ができなかった」とか、「ここをこう気をつけたい」とかで
なんていうか、「「世界に発信してるのに勿体なくない???」」と私は思いました。


ということでせっかく授業で習った雑草知識を使い、
今後の練習に団員も役立ち、杉並公会堂に聞きに来てくださるお客さんもうんちくを語れるようになる!
ような話題を書きます(^-^)!



◎稗搗節のヒエってみんなの身の回りにある…?!

ヒエは、そもそもなんぞやという話ですが、雑穀米なんかに入ってる穀物ですね。
ヒエに関しては栽培して穀物として出荷してるわけですから、そんじょそこらに生えている、というわけではありません。
では、身の回りにあるヒエってなんなんでしょう。
それは「イヌビエ」です。
このイヌ、というのは犬のようにそこらじゅうに(生えて)いるという意味でつけられたらしく、
実際に私も実習の時間に大学のすぐそばのアパートで生えているのを見つけました。

しかしこちら、このイヌビエの状態だと雑草どころか害をももたらします。
イヌビエというか雑穀あるあるでもあると思うのですが、
こちら「イネ科」に属した植物で、田んぼに生えると見分けが難しく、
気づいたらイヌビエの方を育てていた、なんてことになりかねないそうです。
無論、農家の方はちゃんと見分けて抜けるそうなんですけどね。素晴らしい。


というわけで本日は稗搗節のヒエの話でした。
稗搗節は、11/25の定期演奏会第4ステージで披露する曲集の2曲目に入っています。
宮崎県の民謡なんだとか!どげんかせんといかん!!!(懐かしい)



なんだか、大阪環状線の話の方がヒエの話より長い気がしてきましたが…
定期演奏会まであと【48】日!今日こそソーマっちがやれよ!!!!と思いながらこちらのブログを締めます~
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6 7
9 10 11 12 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター