忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
どうも、今回の団日記担当は、3年今井ですm(__)m

本日は、3ステより「SCARBOUROUGH FAIR」、「GIN A BODY」、「LONDONDERRY AIR」のパート練習、合わせ練習を行いました。

やっぱり普段口にしない言語を発音するのはムズカシイです。私は発音ばかりに意識が行ってしまいます。まだ曲の読み込みが甘いみたいです。発音練習必須ですね。美しい曲ばかりなので、曲に合う美しい歌い方、もっと考えようと思います。


本日も音程のことナドナド指摘を受けましたが、まだまだ表現していけるとこ、あると思います。練習曲もまだまだたくさんありますし、次回の練習までに出来ることやっておいて練習に臨もうと思います(‘ー‘)/

では、失礼致しますm(__)m
PR
良い子のみんなー!こーんにーちはー!
ソプラノ3年目、ふくいです。2年ぶり2回目の団日記更新です。
もう3年生の前期まで終わってしまいました。ちゅらい~

**********

さて、本日は1ステ「レモンイエローの夏」より、レモンイエローの夏を練習いたしました。
1ステの練習ということで、体発は2年生がつけてくれました。
2人組で行う柔軟では1年生と組みましたが、大分慣れたようで元気いっぱいでした。うらやましい!

ソプラノのパー練は我らが学指揮がつけてくれました。
音が上がりきらない、間違っている、表現ができていない等、たくさん指摘されてしまいました…
合わせも同様に、ソプラノのために曲が止められてしまうことが多くとても悔しかったです。

まずは参考音源を聞いて曲のイメージを持つこと、練習音源で間違った箇所のチェック、
MIDIで音の確認、個々の努力も欠かさずにしていきましょう!
これはソプラノだけでなく、どのパートにも言えることですね。

本番はまだまだ先のようで、練習するべき曲はたくさんあるので、
あっという間に時は過ぎてしまいます。

今年の定期演奏会は、
11月25日(土)@杉並公会堂です!
みなさま、ぜひぜひお越しくださいませ。

**********

本日の練習に、我が団の卒団生でChor Gnosinaに所属する先輩が、情宣に来てくださいました!
Chor Gnosinaは、合唱編曲されたアニメソングを演奏する合唱団です。
わたしは前からYouTubeで音源を聞いたりして、絶対に生で聞きたいと思っていたので、
今からワクワクが止まりません!授業?知らんな

Chor Gnosina LIVE Attractive は、10月9日(月・祝)@武蔵野市民文化会館 です。
こちらもみなさまぜひぜひよろしくお願いします。


それでは、本日の担当は3年目の福井でした!


皆さんこんにちは。自宅から2つの駅がほぼ等距離にあり、最寄り駅が2つあることを知った、ベース3年の中村です。

金曜日の練習では、「遊声」演奏会以来約2ヶ月ぶりとなる、『春に』と『ネロ』を練習しました。
「遊声」演奏会前は詰めて練習していたというところもあり、最近練習を始めた曲と比べれば歌えていたかなと思います。
しかし、「遊声」演奏会のときは出来ていたことでも、忘れてしまっていた部分も目立ちました。
「遊声」演奏会前は沢山練習していた分、定演前はあまり練習時間を取れないので、各自で復習することが大事ですね。
1度は本番で演奏した曲です。音源を複数回聴くだけでかなり思い出すことも多いはずです。

また、「遊声」演奏会では歌いませんでしたが、同じく定演の2ステの曲である、『サッカーによせて』も練習しました。
スポーツをテーマにした曲なので、元気に、ハツラツと歌いたいですね。
指揮者からは、曲終盤の「失わぬために」のクレシェンドは2ステで最も明確なクレシェンドにして欲しいと指示があったので、全員で意識を統一して大きくすることが大切ですね。

以上です。
桜門総会に出席してくださった会員の皆様、本当にありがとうございました。
今回の団日記は最近忍者のゲームにはまっている1年野呂が担当させていただきます

先日の練習ではレモンイエローの夏より、『き』と『国境線』の2曲を練習しました。
『き』の方を重点的に練習したのですが、久しぶりということもありなかなか難しいものでした。

『き』で指摘していただいた点としては強弱の付け方や、発声、拍数などがあり、
『国境線』では発音、そして『き」と同じく発声に関する指摘がありました。

どちらにも共通する発声の問題としては、口の開け方や体の使い方がありました
縦を意識した口の開け方、みぞおちのあたりを意識した発声などまだまだ改善点が目立ちました
この問題に関しては、本日実施されたヴォイストレーニングにて改善されたと思いたいところです

短いようですが今回の団日記はここで終わりとさせていただきます
ここまで読んでいただきありがとうございました。
こんばんは
約5%の確率で自分の考えた案に裏切られた早瀬です
まさかこんなにもはやく自分に回ってくるとは思わなかった…

さて、日記のほうでも書きましょうかね
本日は1ステでおこなう「レモンイエローの夏」より
国境線とレモンイエローの夏を取り扱いました

国境線では、副学生指揮者の村重氏がこのようなことを言っていました
「『国境』は『こっ↑きょう↓』というのか『こっ↓きょう↑』というのか」
楽譜を見てみると、正しいアクセントになりにくいのはわかるのですが、
それでも正しいように言えなければならず、
やはりこういうのは難しいなと思いました

レモンイエローの夏では、テンポが速いためか
同タイミングでlaと言っているところがなかなか合わないどころか
テンポとすら合いにくいです
そこで、新島氏が思いついたのが「ドドスコスコスコ」に置き換えてみることでした
楽譜上は「 ♪  ♪ ♪」となっているものを
ここでは「ドドスコスコスコ」に置き換えてみると
あら不思議、テンポに合っているじゃないですか
これを考えた新島氏は神か、と思いましたよね

さて、これで日記を終わりたいと思いますが
ここで一言

疲れはしっかりととってください
蓄積すると、本当にしんどくなりますよ

以上、早瀬がお届けしました
ばいなら!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター