忍者ブログ
合唱団員による徒然日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
こんにちは。2年の中村です。

今回は久しぶりに経済で練習を行いました。
練習曲は3ステよりGIN A BODYとLONDONDERRY AIRを扱いました。
次の音が3度なのか4度なのかといった音の幅を確認するためにも移動ド読みを実践し、音程をさらに正確なものにすることができました。さらに音の移動はポルタメント気味になりすぎず、その上スラーを意識するなど細かいところまで気を配ることができていました。
英語の発音については、特に子音を意識し、絶対にカタカナ読みにならないようにすることが大切です。当団は今年は特に発音を細かく練習しているので、定着してきていると思いますが、忘れないためにも普段から英語を声に出して読む癖をつけることが重要です。

以上で報告を終わります。
ありがとうございました。
PR



こんにちは!西野です!最近、五億年ぶりに中本食べに行きました。美味しかったです。


さて、本日は八月最後の練習でしたね~!八幡山でした!


どんだくばやしと流れ星の行方の2曲の練習をしました。


まあしんどい。音取りが本当にクズで申し訳ないです。本日焦りを感じ過ぎた。ちゅらい………



どんたくばやくに関しては、フレーズの繰り返しや微妙な休符などのためキチンと数えること、強弱記号や発想記号を的確にやること、フレーズの一音目を当てるなどでした。


まあ、いつでもそうだとは思いますが特にこの歌は気をつけた方が良いそうです~。ゴゴゴゴひえ~。


(逆に考えるとこれ出来てれば勝ちゲーなのでは!?)


記号をカラー分けなどしてわかりやすくすると良いそうです!私も家帰ったらします。頑張りましょう。


MIDIと参考音源鬼リピ必須です。



流れ星の行方はですが、リズムも音も難しくて死にてえです。


まだどんたくばやしに比べて練習も少ないので、しょうがないのかもしれませんが。こちらもMIDIと参考音源鬼リピですね。



新宿のくそ安い蕎麦食べたらお腹痛くて苦しみながら団日記書いてます。怒り。



あ、夏合宿お疲れ様でした!クソ楽しかったです。ひゃっほーーーーーーーーい!!!!!!


あと貧評会での新人賞ありがとうございました。はっぴはっぴだにぃ~



まだ暑いですので塩分水分補給はしっかりお願い致します!お疲れ様でしたァン!!!



残暑お見舞い申し上げます。
  アルト1年の森本です。
最近はどの年代も昔より夏休みが短くなったと聞いて、大変だなぁと思いました。去年の今頃は「大学に入ったら、人生の夏休みだぞ。それのために今は頑張るのだ」なんて思っていました。しかし現実は違います。違い過ぎるのです。 
夏合宿【前々回で伊地知君、前回は清水さんが詳しく書いています】やらバイトやらで、結局は忙しく動き回っています。「もっと私に休みを」と心のなかで訴える私がいる反面、この時間はきっと人生振り返ったときに良いものだったと思えるように頑張ろうと思える私もいます。
  長い前振りはさておき、本題はここからです。


  今回の曲は「稗搗ぶし」でした。
 この曲は短いのですが、そのぶん失敗が目立ちやすいので正確な音取りとハーモニーが鍵となります。
   パート毎で入るタイミングが違うと混乱してしまいハーモニーが崩れるので、これからの練習ではそこが大切ですね。
  ちなみにこの曲での私の課題は「タイミングを合わせること」と「安定した声量」です。


  さて、この日の練習では学生指揮者さんと直接話す機会がありました。同じパートの1年生も悩みがあってそれをぶつけました。
   それに対して丁寧に答えてくださいました。感動したのでその一部始終(要約あり)をお届けします。


  Q1.歌詞が1番、2番で違うと混乱して歌えなくなる…


 A.楽譜と歌詞をマーカーなどを用いて分かりやすくするとよい。
 例えば「1番の歌詞をピンクで塗り、1番の音もピンクで塗るといった具合で、目でみてわかるようにする」ということです。


 Q2.自分の声の強さがわからない…


 A.目安は自分の話し声がmpとしてそこから自分なりに模索すべし。ちなみに弱い方が出しにくい… とのこと。


  最後に学生指揮者さんは、こんなことを言っていました。
  「1年生は下積み時代。これからきっと楽しくなる。」、と。
 私もこんな言葉がいえるような先輩になれるのでしょうか…
   今以上に努力しなくてはと思えるよい機会でした。
  こんな機会が増えればいいな( ^ω^ )


 ここで昨日(8/29)の女声ボイトレのことも少し記します。
 
 ボイトレ(ボイストレーニング)とは…   普段は周りと合わせる練習に重点を置いているのですが、ここでは個人の声の出し方に重点を置いて練習をしています。月に1回しかない貴重な機会です。
 
  私は「ティ」が出なかったので参ってしまいました。口の上に舌の全体をおいて発音するのですが、舌の先端部分しかつきませんでした。どうやら人よりも舌の真ん中の筋肉が弱いようです。ガムを噛んで、それを舌の上で伸ばすとよいと聞いたのでこれから毎日やります。(それ以外にも苦手な部分が山積みなのだが…)


 こうした個人的な課題を見つけてもらえるので助かっています。実はボイトレをやる意味がよくわからなかったので(先生方や先輩、ごめんなさい。)、昨日はそれがわかってよかったです。
 
 団日記を振り返ると、文が長くてビックリします。それだけ発見があるということですね。それをつなげることが大切ですからこれからも頑張っていきます。


 まだまだ暑さは続きそうです。体調に気をつけて、文化の秋・定期演奏会の秋を迎えましょう。それではみなさまごきげんよう。
 さよなら、さよなら、さよなら。

こんにちはー(*´∇`*)✨


ちゃんぽん、チャンネル、ちゃんこ鍋  
でもやっぱりー? ちゃんみなーーー!
はーい、ありがとうございまーす!
千葉住み、19歳大学1年生の
ちゃんみなこと清水美那でーす! 


ー+ー+ー+ーここまで引用ー+ー+ー+ー



8/15-20日 *夏合宿 総集編*


┌─+今年の夏合宿の練習曲+─┐
 ・「レモンイエローの夏」から
    レモンイエローの夏
 ・「地平線のかなたへ」から
   サッカーによせて
 ・「九州民謡によるコンポジション」から
   キンキラキン
   稗つき節
   どんたくばやし
└───────―──────┘


さすが夏合宿といった感じ(;´・ω・)


扱う曲数が多かった、、、
しかもそれぞれの曲をギリギリまで詰め、
濃く、深くさらに美味しくしました♥

特に九州民謡たちは

この合宿でかなり
仲良くなれた気がします!


それもそのはず、
この夏合宿は先輩たちが
私たち新入生の前を歩いて下さり
さまざまなことを教えてくださったのですから☆
   


【2年の先輩】は、いつも近くで私たちのことを
見守ってくれ、分からないこと慣れないことがあれば丁寧に教えてくれました


【3年の先輩】は、始終堂々としており、
手取り足取り教えるというよりは
私たちに背中を見せ、お手本を示しているようでした。


【4年の先輩】は、そこにいるだけで
大人の風格があり、周りへの影響力も他の人とは
違うものを持っていました



つくづく自分は幸せな空間にいるなぁと
感じさせられます。。。


ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

合宿は、練習だけではないんです、、、( ̄ー ̄)ニヤリ

他にもいろいろなイベントがあり
そのひとつひとつで団員の個性が発揮されるだ☆




そのひとつ、、、


【カルテット大会】です。

私はこのイベントの時間が来ることを
恐れていました。

というのも、
自分が歌わなければならない曲の音取りが
ほとんどできていなかったのです。



1年生だけで歌う曲も、
パートで歌う曲も、
あの人も歌うからという謎の理由で歌うことになった曲も、

全部。。。



さらに、合宿中に分けられるチームで
課題曲を歌うチームカルテット(通称チーカル)
これが私の最大のおもしとなりました。

課題曲は「レモンイエローの夏」でした。

今までほとんど練習したことのないこの曲。
同じチームのアルトの子も新入生。

合唱はおろか音楽駆け出しの私には、
耐えられない状況でした。



普段からパートリーダーの先輩に
頼りっきりだった自分を呪いました。


隣で歌う、明らかにうまいチームに
劣等感を抱え、押しつぶされそうになりながら
練習を続けました。



しかし、


そんな私を見た
【同じチームのある先輩】は
「一緒に頑張ろう」
と声をかけてくれ、

【同じパートのもうひとりの新入生】も
ずっと私と練習してくれました。

【チームリーダーの先輩】も
ずっとずっと励ましの言葉をかけてくださいました。


辛く苦しい中、
そんな周りの支えにより前を向くことができました。



違うチームだった
【アルトのパートリーダーの先輩】にお願いしたら
付きっきりでご指導してくれました。

【テナーの先輩】に
アルトを見てもらいました。



結果は残念なものでしたが、
とてもいいものが得られたと思います。

順位争いというシビアな中にある
あたたかい想い。


そのようなものに心を打たれました。


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

夏合宿は様々なものを学ぶことができました。

これらは、普段の練習だけでは
見ることができないものばかりです。


多くのことを教えてくれた先輩方。
辛いとき助け合える同期たち。
私たちを遠くから応援してくれる卒団生の方々。
根本から指導してくださる先生方。

ありがとうございました。
とても充実した時間を送ることができました。
引き続きこれからもよろしくお願いします。

これで【ちゃんみな】の報告とさせていただきます♥

    おはようございます、こんにちは、こんばんは。テノール1年の伊地知です。ついに合宿も2日目が終わり、刻一刻と日にちが過ぎていきます。
    さて、本日行った行程を挙げていきます。まず午前練習では、我ら日大合唱団の誇れるピアニスト、山内先生がいらっしゃって、定期演奏会で演奏する4th stage の楽曲である『キンキラキン』を行いました。この曲は、符点八分音符と十六分音符で動くのが多く、さらにアクセントやスタッカートを所々に用いられている為、各パートで苦戦されていました。まだまだ成長出来る証拠ですね。
    続いて午後練習では、引き続き山内先生の指導で『稗搗き節』をやりました。こちらは上記の『キンキラキン』とは異なり、ゆったりとしたテンポで流れる曲調となっておりますが、それでも先程の符点八分音符と十六分音符のリズムや十六分三連符で流す部分があり、そのようなところを一人一人が意識してやっていかないと崩れてしまいます。
    そして、夜練習では学生のみで2nd stage で演奏する『サッカーによせて』を行いました。この曲は7/1の遊声定期演奏会で日大合唱団が演奏した曲集の1つで、アップテンポで流れる曲調となっております。また、多くの中学生や高校生が歌ったことのある大変有名な曲目ではないでしょうか。この曲も他の『地平線の彼方へ』に載っている曲目と同様に臨時記号による曲風の変化が数多く見られます。やっぱり、木下牧子先生の曲はどれも素晴らしいものばかりですね。
    そして、本日練習した曲全てに言えることは、スラーの大切さと全パートで鳴る和音です。スラーというのは、曲の流れを綺麗に聴かせる為に付けられたものです。これを上手に表現しないと、音と音の間隔が切れてしまい、とてもいいようには聴こえません。続いて和音は、各パートが出した音を重ね合わせて作り出されるものです。これを1つのパートが音を外してしまうと汚く聴こえてしまい、これもまたいい演奏にはなりません。11月の定期演奏会までまだ時間がありますが、今のうちにこういうところを懸命に練習することで本番に素晴らしい演奏会になると私は思います。ですから、この合宿中にそのようなところを取り組んで、その後の練習にも活かしていけるように頑張っていきます。それでは、次の日記をお楽しみに。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
日本大学合唱団
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者カウンター